エイジングケアには化粧水前のブースター使用が効果的!

有効成分が入った化粧水をお肌により浸透させるためにはブースターの使用が効果的です。
年齢を重ねると共に成分がお肌に深く浸透するのは難しいですが、ブースター効果のあるアルガンオイルを使うことで、すんなりと浸透し、商品が持っている効果を最大限に発揮させることができます。

エイジングケアはエチケットから!加齢対策としてはじめたいオーラル&ボディケア

肌のシワ、たるみなどの老化現象だけではなく、口臭や体臭、かかとや肘の角質化、全身の乾燥など、体のあちこちにエイジングは起こります。
顔を中心とした肌のエイジングケアだけではなく、オーラルやボディに対するエイジングケアも積極的に行いたいですね。

30代40代になってからでも遅くないマツイクのススメ

睫毛のボリュームが減った30代40代になってからマツイクを始めても遅くはない。少ない睫毛で若々しい印象は得られないのでマツイクするべき。つけまやエクステはエイジングケア世代には不向きなので睫毛美容液でのマツイクが最適。アイクリーム代わりに使える物もある。

寝ている時間も無駄にしない!おやすみタイムもエイジングケアが出来るワケ

睡眠と若々しさには関係がある?実は、睡眠が不足すると肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが出にくくなり、肌が新しく生まれ変わらなく、変わりにくくなるのです。寝る時間は、ゴールデンタイムと言われている22時から朝4時を含む6-8時間がよいでしょう。

フラーレンはエイジングケアをする上で味方となる成分

基礎化粧品と呼ばれる化粧水や乳液や美容液などのラインナップは、ターゲットとしている層があります。20代向けの物もあれば、30代40代向けの物もあるということです。
なんとなく昔から同じ物を使い続けているとしたら、すでにそのターゲット層からはずれてしまっている可能性があります。幅広い年齢層をターゲットにしている物の可能性もありますが、果たしてそれはシミやシワといったエイジングサインに対応している物でしょうか?
シミやシワなどのエイジングサインが気になっているなら、エイジングサインに働きかける成分が入っている物を選ばないと、エイジング対策で遅れを取ることになりかねません。
けれども、どんな成分を選べばいいのかが悩みの種です。
そこで、一例として、フラーレンという成分を紹介します。